logo

愛の人をご紹介いただける医院を目指す

あなたの大切な人が病気で本当に悩んでいる時、
心から信頼できる専門家を探し、その人に診て欲しいと思います。

心から信頼できる専門家とは、
技術的に優れ、経験も豊富な人。
そして何よりも、医療人として、人として、信頼できる人。

患者さんの医療人に対しての「期待」は大きなものです。
しかし、それだけの「想い」が詰まっているのです。

正面から真剣にその期待に向き合い、
結果を出す。

私にはその覚悟自信があります。

院長 中野裕司

Docter Profile

経歴

  • ・大阪歯科大学 卒業
  • ・全国症例数屈指のインプラント専門医院に勤務
    - スウェーデン式のインプラント治療に従事
  • ・マルメ大学インプラントコース修了
  • ・ハーバード大学インプラントコース修了
  • ・テンプル大学インプラントコース修了
  • ・日本口腔インプラント学会認定100時間コース修了
  • ・JIADSペリオインプラントアドバンスコース修了
  • ・OSIインプラントトレーニングコース修了
  • ・OSIインプラントアドバンスコース修了

所属団体

  • ・野口英世医学研究所 理事
  • ・国際口腔インプラント学会 認定医
  • ・日本口腔インプラント学会 専修医
  • ・日本アンチエイジング歯科学会 認定医
  • ・大阪歯科大学歯周病学講座 専攻生
  • ・日本歯周病学会
  • ・日本審美歯科学会
  • ・日本顎咬合学会
  • ・JIADS
  • ・OSI
  • ・JACID

Certificate

Safety

人為的ミスを一切排除した3Dコンピューターインプラント

最先端のCT/シミュレーションソフトから導き出したデータに基づき、
最適な埋め込み位置・角度を割り出し、その情報をガイドに反映させます。

非常にシンプルな治療工程。
そのため、ミスがなくなり、身体への負担も最小限に抑えます。

3D立体画像撮影装置の撮影 & シュミレーション

3Dコンピューターインプラントで処置した症例

その他の症例はこちら

Not Scary

寝ている状態で、痛みなく治療が終了する睡眠無痛麻酔治療
―静脈内鎮静法(セデーション):無料

通常インプラント治療は局所麻酔で対応しますが、
歯科恐怖症の方、外科処置に恐怖心を持っている方には
睡眠無痛麻酔治療をお勧めします。

feature

堺市インプラント歯周病センターが
患者さんから
高い評価を頂く5つの特長

世界のドクターに認められた成功率97%の一流メーカーを利用

- 当院は成功率97%のアストラテックインプラント「認定」歯科医院です -

インプラントメーカーは国内で流通している物で50から100社あると言われており、海外から個人輸入できるものも含めると200社を超えます。どのインプラントシステムを利用するかで治療結果、治療後の安定性が異なることもあります。堺市インプラント歯周病センターでは世界中の歯科医師から高い評価を受け、トップシェアを占めているアストラテックインプラントのみを使用しております。

【アストラテックインプラントをお勧めする理由】

  • 長期安定をもたらすプラットホームスイッチング構造
  • 骨吸収による見た目の悪化の防止システム
  • 骨との早期結合を考慮した特殊構造
  • インプラント周囲炎を予防する特殊構造

「長期安定」の特殊構造

アストラテックインプラントは「プラットホームスウィッチング」という特殊構造をいち早く取り入れたメーカーです。
治療後、上記右画像のように「骨吸収による見た目の悪化」や「インプラント周囲炎」にもなりにくくなることが判明しています。

「治療期間短縮」の特殊構造

アストラテックインプラントは骨との結合が非常に早く、とても強固な構造になっています。その結果、長期間されていた免荷期間を短縮することができました。治療期間の短縮は患者様にとって大きな利益となります。また、従来法よりも骨と強く結合します。

治療前 / 治療途中、最終形態イメージング法

各ステップで「完成形のイメージ」を共有しながら作業を進めます

インプラント治療は、以前のように「しっかり噛める歯」を取り戻す治療であるとともに、以前と同じ、もしくは以前以上の「歯の美しさ」を手に入れる治療でもあります。当院では、患者さんの美に対しての理想を追求するために、治療の各過程で「患者さんと完成後のイメージを共有する」ことを重要視しています。具体的には、「治療前イメージング法・診断用ワックスアップ」「プロビジョナルストレーション」という手法を用いております。それぞれ簡単に紹介させていただきます。

「治療前イメージング法・診断用ワックスアップ」

複数歯を治療する際には患者さんの「理想」をお伺いした上で、「ワックス模型」にて完成形をお見せしています。この工程を踏むことで、「自分の歯がどのように変わるのか」「望みどおりに本当にキレイになるのか」を事前に把握できますし、何よりも、治療後のイメージを患者さん、そしてドクターがしっかり把握した上で治療を進められますので、双方の「ズレ」をなくすことが可能になります。

「プロビジョナルストレーション」

治療の最終段階で、「仮の歯」をお口に装着する工程があります。「仮の歯」は「一時的な歯」という意味合いだけではなく、「審美性に問題はないか」「しっかり咬むことができるのか」などを検証するために利用します。不具合がある場合は随時改善し、最終形態を決定させますので、クオリティの高い治療を行うことができます。

治療計画書お見積書同意書をご提供します

当院ではインプラントオペ前に「治療計画書」「お見積書」「同意書」の締結を行っております。これには、インプラントのメリットだけでなく、デメリットや起こりうる不測の事態、そしてどのような治療の流れでインプラントを実施するのかを記載しております。
この読みあわせを患者さんと共に行い、双方同意の上で治療を実施します。この同意が無い状態で治療を進めることはありません。
医療機関としての説明責任の実施、そして患者さんにストレスなく治療を受けて頂くため「治療計画書」「お見積書」「同意書」は当然の義務と考えます。

治療計画書・お見積書・同意書

歯の部分を製作する日本屈指の歯科技工士との連携

インプラントの歯となる被せ物部分は「歯科技工士」が作成します。
そのため、歯科技工士の知識・経験・技術力によって出来上がってくる被せ物のクオリティが大きく変わります。すなわち、歯科医院がどの歯科技工士と連携しているかで治療のクオリティが大きく異なるということです。歯の部分を担当する、日本屈指の歯科技工士をご紹介します。様々な歯科専門雑誌に実績・研究結果等を掲載している業界では有名な歯科技工士です。

Dental Technician

メディア掲載

技工士
森本敏夫

治療後の長期安定お約束するために

歯周病が治癒してからでないとインプラントは行いません!

当院では1つ大切にしていることがあります。それは、歯周病になっている方に関しては、歯周病が治癒してからでしかインプラント治療は行わないということです。なぜならば歯周病が治癒していない状態でインプラントを行うと、将来的にインプラントが悪化してしまう可能性が高まるためです。イメージしてください。土台がしっかりしていない状態で家を建てるとどうなると思いますか?台風・地震などで倒壊の可能性が高まります。インプラント治療も同じです。歯周病はインプラントの土台となる顎の骨を溶かす病気です。そこを改善しないでインプラントを埋め込んでしまうと、最終的にはインプラントにも感染を起こし、駄目になってしまいます。

当院は歯周病治療にも力を入れています。その特徴をご紹介します。

重度歯周病でも対応可能な治療法

当院の基本方針は「可能な限り天然歯を残す」ことですので、むやみに抜歯をしてインプラントを埋入することはしておりません。いくらインプラントでも天然歯に勝ることはできませんので。ここでは、歯周病がかなり進行した中度~重度歯周病に対してどのような処置で可能な限り歯を残していくのかをご紹介します。

  • 歯肉剥離掻爬術(フラップ手術)

    基本治療を行っても状態が改善せず、歯周病が治らなかった場合に行う手術です。歯周ポケットの内側を切り開き、歯肉の中に付いた歯垢や歯石を取り除きます。治療後は歯周ポケットの深さも浅くなり、良好な状態になります。

  • 歯肉弁根尖側移動術

    歯肉弁根尖側移動術は、歯周病によって歯周ポケットが非常に深くなってしまったときに行われる治療法です。歯肉を切り開いて、歯の根の部分についた歯垢や歯石を取り除きます。歯を支えている歯槽骨が溶けてしまっている場合は、歯槽骨の形も同時に整えます。治療後は歯周ポケットが最小になり、良好な状態になります。

  • 遊離歯肉移植術

    遊離歯肉移植術は、歯の周りに弱い歯ぐきしかないときに行われる治療法です。上あごの内側から歯肉を切り取り、歯肉が痩せてしまった部分に移植します。衰えてしまった歯肉を厚くして、歯やインプラントの持ちを良くします

  • 歯周組織再生療法

    歯周病になると歯の根の周りを包むセメント質が破壊されてしまい、歯がぐらつくようになります。しかし、歯周組織再生療法を用いることで、セメント質が次第に再生していきます。すべての症例が適応ではありませんが、中等度の歯周病なら再生は期待できます。

price

※その他の治療費

CT撮影 ………………… 1万円

GBR ………………… 10万円 (1インプラント) / 20万円 (2インプラント)

  • まず歯肉を切開し、骨が不足している箇所を確認します。

  • 骨が不足している場所に、自家骨か人工骨を盛ります。

  • 盛った場所をメンブレンで覆い、歯肉を縫合して終了です。

GBR法とは、自家骨や人工骨を盛り、その上に「メンブレン」という特殊な膜で覆い、骨を再生させていく治療法です。

ソケットリフト ………………… 10万円 (1インプラント)/ 20万円 (2インプラント)

ソケットリフトとは上顎に一定の骨の厚みがあるが、若干足りない場合に行う処置です。インプラントを埋め込む穴から骨補填材を入れ、インプラントを埋め込む厚みを確保します。サイナスリフトと比べ外科的侵襲が少ないため、手術の痛みや腫れを軽減できます。

サイナスリフト ………………… 20万円

サイナスリフトとは、上顎の骨が少ないときに行う治療です。上顎洞という空洞を押し上げ、その空間に骨補填材を入れ、インプラントを埋め込む骨の厚みを確保します。

消費税は別途ご請求となります。
※手術後のお薬の費用、麻酔(局所麻酔・静脈内鎮静法)費用は上記費用に含まれており、別途頂きませんのでご安心下さい。

Contact

理想」をお伺いしたうえで、数ある治療法・素材の中から、 あなたに最適な治療法をご提案させて頂きます。 無理に治療を進めることは一切いたしません。 あなたのお悩み、お聞かせ下さい。

このページの先頭に戻る