堺市のインプラント治療
ナカノ初芝歯科クリニック

静脈内沈静法について

22/05/19

こんにちは、堺市の歯科医院・ナカノ初芝歯科クリニックです。

今回は「静脈内沈静法」についてお話します。

インプラント治療は現在歯を失った際に行う治療の中では最高の治療であると考えられます。

ただ患者様からはインプラント治療はハードルが高い点もあるようです。

その一つとしてインプラント治療をおこないたいが「怖い」という点が挙げられます。

通常の歯科治療では患者様の意識はあります。
従いまして虫歯治療や歯石除去の際に振動が患者様に伝わります。

インプラント治療も通常の方法ですと虫歯治療などより骨をドリルで削る際にさらに振動が伝わります。
患者様によれば治療中に何をされているかわかる時も多いようで、あまり良い感覚ではないようです。

そこでインプラント治療が怖いと感じている患者様や、インプラント治療中を快適に過ごしたい患者様のために、当院では静脈内沈静法を用いております。

静脈内沈静法は全身麻酔とはことなります。
違いは自発呼吸をしているか、すなわちご自身で呼吸をしているかの差です。

静脈内沈静法は患者様ご自身でしっかり呼吸を行いますので非常に安全な治療法です。

インプラント治療を怖いと感じている患者様はお気軽に当院へご相談ください。

ナカノ初芝歯科クリニック 
〒599-8114 
大阪府堺市東区日置荘西町2-8-2   
TEL 072-285-1181 
URL https://www.hd-implant.jp  
Google情報 https://g.page/nakano-hatsushiba-dc?share 

このページの先頭に戻る