堺市のインプラント治療
ナカノ初芝歯科クリニック

Q&A

インプラント治療を受けるにあたり歯科医院選びの基準は?
インプラント治療を受ける上で重要な基準はいくつかございます。 歯科医院選びのご参考にして頂ければ幸いです。
  • ① インプラント治療を行う施設が整っている事。

    ・CTはインプラント治療を行う上で骨の状態を診る上で必須の設備です。
    ・完全個室の手術室で治療を行う事で、感染の確率を下げる事ができます。
    ・生体モニターを治療中につける事で身体の状況を把握でき、安全に治療を行う事ができます。
    ・インプラント治療用の専用器具がある事で効率良く治療を行う事ができます。
  • ② 症例数が豊富である事。

    インプラント治療は特殊な治療であるため、あまりインプラント治療をおこなっていない歯科医院より症例数の多い歯科医院で治療を受ける事をおすすめします。
  • ③ 長期症例のあるインプラントメーカーを使用している事。

    インプラントと言いましても全てが同じではございません。 世界的に数百種類のインプラントが存在しております。 長期的に使用されている安心・安全なインプラントメーカーを使用する事をお勧めします。
  • ④ 器具を確実に滅菌している事。

    インプラント治療の失敗の原因としまして感染が挙げられます。 不潔な器具で治療を行うと感染の確実が上がります。 インプラント治療に用いる器具は完全滅菌をおこなっている事が前提となります。
  • ⑤ メインテナンスを行う上で歯科衛生士が在籍している事。

    インプラント治療はインプラントがはいって終わりではございません。 インプラント周囲炎(インプラントの歯周病)を起こさないように治療後のメインテナンスが必要です。 そのプロフェッショナルケアをおこなうのが歯科衛生士なのです。
インプラント治療はどのような方に向いている?
歯を失い、ご自身の残っている歯に負担をかけた治療を望まない患者様に向いています。
ブリッジや入れ歯は残っている歯に負担がかかる治療だからです。
また骨量がしっかりある患者様にも最適です。
持病をお持ちの患者様や投薬中の患者様に関しましては、かかりつけの医師と相談の上、インプラント治療を受ける事が可能か確認してから治療を行います。
インプラント治療のメリットとデメリットは?
メリットとしてインプラントは単独で立つため、隣の歯に負担がかかったり隣の歯を削ったりする必要がないという事です。
その事がご自身の歯の寿命を伸ばす事につながります。
デメリットは他の治療(ブリッジ・入れ歯)に比べて期間と費用がかかる事が挙げられます。
また骨量や持病の関係で全ての患者様に適応ではない事が挙げられます。
手術の方法は?麻酔しても痛い?
当院では2本以上インプラントを入れる際に静脈内鎮静法という方法を用いる事があります。
静脈内鎮静法によりリラックスしてインプラント治療を受けていただく事が可能になります。
また通常の局所麻酔も行いますので、治療中に痛みが出る事はほとんどありません。
治療後は痛みを伴う事がございますので、痛み止めのお薬をお出ししております。
インプラントを埋めてからのメンテナンスはどうしたらいい?
インプラント治療は入れて終わりではなく、歯を入れたあとのケアがとても大切です。
ご自身の歯と同じように正しいブラッシングをおこなっていただく事や状況に応じて歯間ブラシを用いる事、定期的に歯科医院でクリーニングをしていく事が重要です。
また睡眠時の歯ぎしり・食いしばりはインプラントやご自身の歯を傷める原因になりますので、マウスピースの作成および着用をお勧めしております。

このページの先頭に戻る