堺市のインプラント治療
ナカノ初芝歯科クリニック

当院インプラントのご紹介

22/02/06

こんにちは、堺市の歯科医院・ナカノ初芝歯科クリニックです。
今回は当院のインプラント治療で用いておりますインプラントメーカーについてお話しします。

当院で用いておりますインプラントメーカーは2種類ございます。
スウェーデン製のアストラテックインプラントとドイツ製のカムログインプラントです。
それぞれ歴史のあるインプラントシステムです。
現在インプラントメーカーは世界で100社以上ございます。
その中で当院がこの2社を選択する理由はいくつかあるのですが、一番の理由は長期症例がある事です。
近年たくさんのインプラントシステムが多数社で開発されています。
改良されて良いものもございますが、新しいインプラントシステムでは人体にインプラントが埋入されてからの経過を長期的に追えていない事もあり、将来的な予知性が低い可能性があります。
当院の方針として、開発されてから最低でも10年以上は経過しているインプラントシステムが望ましいと考えております。
当院が採用しておりますインプラントシステムはこの条件を十分にクリアしております。

それでは当院で使用しております2種類のインプラントについて説明します。
大きな違いとしてインプラントの形状が挙げられます。

アストラテックインプラントはストレートタイプで真っ直ぐな形状をしており、カムログインプラントはテーパータイプで上が少し広がっています。

2種類のインプラントシステムの使い分けですが、骨の形状や密度によって変えております。

両社ともチタン性のインプラントで、骨との定着率が非常に高く、当院の成功率は99%を越えています。

一概にインプラント治療と言ってもどこの歯科医院でも同じではなく、歯科医院によって用いているインプラントメーカーは異なります。

一旦体内に埋入すると簡単に摘出できるものではございません。
今後のケアを考慮するとインプラント治療を検討されている患者様は、どの国のどのインプラントメーカーを治療に用いるか把握してから、インプラント治療を受ける事をお勧めします。

ナカノ初芝歯科クリニック 
〒599-8114 
大阪府堺市東区日置荘西町2-8-2   
TEL 0120-870-118 
URL
https://www.hd-implant.jp  
Google情報 
https://g.page/nakano-hatsushiba-dc?share 

このページの先頭に戻る